• 広島院
  • 福岡院
  • 岡山院

さらさらのお肌へ毛孔性苔癬の治療Keratosis Pilarris

二の腕のぶつぶつや背中・太もも・お尻などのぶつぶつの正体は毛孔性苔癬(毛孔性角化症)と呼ばれる皮膚疾患のひとつです。特に健康上問題はありませんが、美容上の観点から肌の露出する時期になると「ぶつぶつ」や「ざらざら」を気にされる方も多く受診を希望される方も少なくありません。

毛孔性苔癬の原因

毛孔性苔癬の原因としては、ビタミンAの欠乏やホルモンの代謝異常脱脂腺機能異常などが考えられていましたが、近年、特定の遺伝子変異などが原因と考えられていたりとはっきりとした原因は特定されていないのが現状です。顔や体の二の腕・背中・臀部・太ももなど各所にみられ、毛孔が角質で満たされて角栓となり毛穴が開大して詰まった状態になると角栓の先端部が突出して、ぶつぶつ感やざらざら感といった症状になります。毛細血管の拡大や軽度炎症により赤みや褐色の色素沈着などになる場合もあります。

  • 二の腕のぶつぶつ
  • 背中のぶつぶつ
拡大写真

毛孔性苔癬治療にダーマローラー

二の腕や背中に好発する毛孔性苔癬の治療には決定的な治療法が確立されていないのが現状です。市販の外用薬やピーリングなどを試される方も多いと思いますが、実情として角質だけを除去して表皮のターンオーバーを促すだけでは治療効果として不十分な事がほとんどです。 当院では数少ない効果的な治療法としてダーマローラーをおすすめしております。 毛孔性苔癬は角質が毛穴の出口を塞いで閉鎖空間になり炎症が起きます。炎症は毛穴に沿って表皮よりも深い真皮層まで波及するため深いところにまで及んでいると考えられ、表皮だけでなく真皮の深さにも治療を行っていくのが有効と考えられています。 ダーマローラーで目には見えない小さな穴を皮膚表面に開けて肌を刺激し、皮膚の持つ再生能力を活かし、肌の調子を整えていきます。回数が必要にはなりますが、完治が難しくあきらめかけていた二の腕のぶつぶつや背中のぶつぶつはサラサラのお肌へと生まれ変わります。